※本サイトのコンテンツには、商品プロモーション(Amazonアフィリエイトを含む)が含まれています。

お泊まりディズニーの持ち物はどうする?子連れで行くなら荷物を分けよう

子連れお泊まりディズニーの持ち物リスト 持ち歩く荷物と預ける荷物は分けて行こう ライフ

子連れで行くディズニーは荷物が多くなってしまいますよね。

それが泊まりでいくとなると余計に荷物が増えてしまいます。

パーク内で身軽に行動をするために、ホテルで必要な荷物とパーク内に持って行く荷物は分けて行くことをおすすめします。

パーク内で持ち歩きたい基本的な持ち物と、季節・天気によって追加で持って行きたい荷物のリストもご紹介しますので、子どもと泊まりでディズニーに行きたいけど、何を持っていけばいいかお悩みの方はぜひ参考にしてください。

お泊まりディズニーの持ち物はどうする?

アトラクションに乗ったり、お土産を買ったり、人混みの中では子どもと手をつないだり…パーク内ではなるべく荷物を少なくしておきたいですよね。

そのために、ホテルで必要な荷物はスーツケースなどに入れ、パーク内に持ち込む荷物とは別にしておきましょう。

スーツケースを持って行く場合、スーツケースはパーク内に持ち込めないためパークの外にあるコインロッカーに預ける必要があります。

コインロッカーはどこにある?

ディズニーランド・ディズニーシーともに、コインロッカーは、パーク内に2か所・パーク外に6か所あります。

●「ディズニーランド」のコインロッカーの場所はこちらのディズニーランド公式サイトを参照して下さい。

●「ディズニーシー」のコインロッカーの場所はこちらのディズニーシー公式サイトを参照してください。

コインロッカーのサイズと金額は?

パーク内外のコインロッカーは全部で5種類あります。

スーツケースなどの大きな荷物が入る、「特大型」と「超特大型」があるのはパーク外のみです。

サイズ金額参考
小型400円お土産や手荷物が入るサイズ
中型500円リュックなど大きめの手荷物が入るサイズ
大型600円小さめのスーツケースが入るサイズ
特大型800円スーツケースが入るサイズ
超大型800円ゴルフバッグが入るサイズ

※コインロッカーへの荷物の預かりは、パーク来園日の当日に限ります。

※コインロッカーは100円玉専用です。

両替機は、各コインロッカーにあります。

コインロッカーは1度入金して鍵を閉めると、再度開けても返金されませんので、鍵を閉める前に忘れ物がないか注意してください!

お泊まりディズニー子連れの持ち物リスト

子連れでお泊りディズニーに行く際の持ち物リストをご紹介します。

まずは、コインロッカーに預けておく荷物と、パーク内に持って行く基本的な持ち物です。

我が家は、1泊でもスーツケースを持って行きます。

それは、帰りにパーク内で買ったお土産等を全部スーツケースに入れて持って帰るためです。

帰りは自分の荷物を極力、スーツケースに入れてしまうことでかなり楽できます。

コインロッカーに預ける荷物リスト

主に、ホテルに泊まる際に必要な物や翌日に必要なものを入れておきます。

・翌日分の着替え一式(家族分)

・メイク道具

・旅行用シャンプーやディーソープ、洗顔料などのバス用品
→ホテル備え付けのシャンプーは髪がゴワゴワしてしまうので、我が家は「リンスインシャンプー」を持って行きます。

・スキンケア用品
→ママのスキンケア用品と子ども用の保湿クリームを持って行きます。

・子ども用パジャマ
→ホテルに備え付けのパジャマは、ロングシャツタイプのものが多く寝冷え等の心配があるため、毎回子ども用のパジャマを持って行きます。

→万が一洋服を汚してしまったときの予備にもなります。

パーク内に持って行く持ち物リスト

パーク内で必要なものは、スーツケースに入れずに持ち歩きます。

・財布

・スマホ

・充電器

→パーク内ではディズニーアプリが必須ですので、スマホが欠かせません。

もし、スマホの充電が無くなっても大丈夫な様に充電器も持って行きましょう。

・ウエットティッシュ

・ハンカチ、ティッシュ

・パーク内で身につけるもの(ディズニーTシャツやカチューシャ、ポップコーンバケットなど)
→パーク内で新しいグッズを購入するのもいいですが、毎回買う訳にはいきませんので、以前買ったディズニーグッズを持って行けばパーク内で身につけられます。

・レジャーシート、折りたたみクッション
→パレードやショーを座って見たい場合は、レジャーシートで場所取りをします。

また、折りたたみのクッションがあると長時間座っていてもお尻が痛くなりにくいです。

エコバッグ
→ディズニーもお土産袋が有料になりました。

M・Lサイズともに1枚:20円です。

今までのようにビニール袋を何枚ももらう訳にもいかなくなったので、エコバッグを持ち歩くことをおすすめします。


充電器や傘など、たいていのものはパーク内で販売されているので、忘れた場合はそれを購入してもいいかもしれません。

が、毎回購入していると金銭的な負担も大きくなりますし、その分他のお土産が買えたりすると思うと、極力必要なものは持って行った方がいいと思います。

雨の日に持って行きたい持ち物

インパする予定の日が雨予報の場合、折りたたみ傘などの雨対策が必要です。

折りたたみ傘

レインコート
→小雨だった場合、パーク内は傘をさすよりレインコートの方が楽です。

カバンを覆うビニール(大きめのゴミ袋がおすすめ)
→パレードやショーを見る際に足元にカバンを置いておく場合、カバンを覆うビニールがあると雨にぬれずに済みます。

夏に持って行きたい持ち物

冷感タオル
→ディズニーに行く際は、長時間屋外にいるため、ネッククーラーより水につけるだけで冷たさが復活する冷感タオルの方がいいです。

ハンディファン
→パーク内を歩き回ったり、アトラクションやパレーを待つ時間が長いので、暑い日のネッククーラーやハンディファンなどの保冷グッズは必須です。

日傘
→日差しの強い日は、日傘があるといいです。

日陰の中にいるだけでだいぶ涼しく感じます。

日焼け止め
→1日の間で何度も塗りなおせるように日焼け止めを持って行きましょう。

親子で使えるものにすれば、子ども用と大人用が1本で済みます。

ペットボトルクーラー
→パーク内で飲む水やお茶を冷たいままキープできるので、ペットボトルクーラーは持って行った方がいいです。

冬に持って行きたい持ち物

防寒着
→厚手のインナーや予備のアウターなど、日が落ちて寒くなったときに着る用です。

特にシーは海が近いため、日が落ちると急に寒くなりますので防寒着は必須です。

カイロなどの防寒グッズ
→カイロや充電式カイロがあると、寒さを和らることができます。

ブランケット
→パレードやショーの場所取りをする際、じっとしていると下から冷えてきますのでブランケットがあるといいです。

傘やレインコート、日焼け止め、カイロなどはパーク内でも販売しているので、万が一の場合はパーク内で買うこともできますが、家族分購入するとなると結構な金額になりますので、できる限り持って行くことをオススメします。

子どもの荷物はどうする?

お子さんが小学生以上になったら、自分の荷物は自分で持ってもらうようにしたいですね。

かといって、自分の荷物すべてを持たせようとすると、カバンが重くなってしまい、結局、親が持つことになりかねないので、お子さんと相談して自分で持ち歩けそうな分の荷物を持ってもらいましょう。

おやつ

パーク内で身につけるディズニーグッズ

ハンカチ、ティッシュ

折りたたみクッション

天候や季節によって、下記も追加します。

折りたたみ傘またはレインコート

冷感タオル

防寒着

これらの荷物を、我が家はリュックに入れて自分で持ってもらいます。

あまり重いものは入れていないので、「これくらいの量なら大丈夫」と言っていました。

ママのカバンはどうする?

パーク内は両手が使えるリュックがいいと思います。

それにプラスして貴重品などを持ち歩くショルダーバッグがあると、必要なものをさっと取り出せます。

私がディズニーに行く際は、リュックとディズニーストアで購入したミッキーの財布付きショルダーバッグを持って行きます。

ショルダーバッグに財布機能が付いているので、会計の際にさっと現金やカードが出せてとても便利です。

【ショルダーバッグに入れるもの】
現金、クレジットカード

ハンカチ、ティッシュ

ウエットティッシュ

リップクリームなど
これらにプラスして、パーク内ではスマホとデジカメを肩から下げています。

【リュックに入れるもの】
レジャーシート

折りたたみクッション

ペットボトルのお茶

フェイスタオル
→首に巻くと、暑いときは日焼け対策に、寒いときはマフラー代わりになり便利です。

雨予報のときは、
折りたたみ傘

夏は、
冷感タオル

ペットボトルクーラー

冬は、
防寒着

をリュックに入れておきます。

まとめ

子連れでお泊まりディズニーに行く際にパーク内で持ち歩きたい基本的な持ち物と、季節・天気によって追加で持って行きたい荷物のリストをご紹介しました。

泊まりで行くディズニーは宿泊する分荷物が増えて大変かもしれませんが、事前にしっかり準備して楽しいお泊まりディズニーを楽しんで来てくださいね。

コメント

error:
タイトルとURLをコピーしました