※本サイトのコンテンツには、商品プロモーション(Amazonアフィリエイトを含む)が含まれています。

プールでの貴重品はどうする?プールサイドでの保管方法と便利グッズを紹介

季節

夏になるとプールの季節がやってきます。プールの時期になると毎年悩むのが、プールサイドでの貴重品の扱いではないでしょうか?

もちろん更衣室内のコインロッカーにすべて預けて鍵をかけておくのが一番安全なのは分かりますが、それではプール内で食事をしたり飲み物を買いたいときに現金が使えないし、スマホもロッカーに預けっぱなし…という訳にもいかないですよね。

そこでここでは、プールに行った際の貴重品の保管方法と、貴重品を持って行く際の便利グッズについてご紹介していきます。

プールでの貴重品はどうする?

複数人でプールに行く場合は、休憩がてら誰かに留守番をしてもらい、荷物の監視をしておいてもらうのが一番安心です。

しかし、せっかくみんなで遊びに来たのに毎回誰かがいない状態というのも寂しいですし、子ども連れの方は子どもだけ・大人だけが留守番をする訳にもいきません。

プールサイドに現金を持って行く場合は必要最低限、最悪の場合、盗られても仕方ないと思える程度の金額だけを持っていくようにしましょう。

必要最低限の現金は小銭で用意し、ジップロックなどチャックのついたビニール袋に入れて、マジックテープ付きのポケットがあればそこに入れて持ち歩くことができます。

スマホも本当は更衣室のロッカーに入れておいた方が安心なのは分かりますが、今は、プール内のお店もスマホ決済だったりしますので、スマホを更衣室のロッカーに入れたままにしておくのも現実的ではありませんね。

※プールによっては、「撮影禁止」だけでなく、「スマホやカメラ類の持ち込み禁止」などのルールが定められていることもあります。

スマホの持ち込みについては、事前に確認してください。


その場合、スマホは貴重品用ロッカーに入れるか、プールの中でも防水ケースに入れて持ち歩くようにしましょう。

プールサイドで貴重品を保管する方法は?

プールサイドに貴重品を持って行く場合、貴重品は見えにくい場所に保管しましょう。

テントを立ててその中に荷物を置いておく

・バッグの底に隠す

・タオルの中に忍ばせる

などの方法が効果的です。

テントの中のバッグの中やタオルの中など、荷物を荒らさないと見つけられない場所に保管しておきましょう。

目立つ場所に貴重品を置いておくと、盗難のリスクが高まります。

※プールによって、建てられるテントのサイズ等にルールがあります。

持って行くテントがプールサイドで使用できるか、事前に確認してください。

「どんなに対策をしても、無人のところに貴重品を置いておくのは嫌だ!」という方は、プールサイドに貴重品を預ける用の小型ロッカーが設置されているところもありますので、それを利用するのもいいでしょう。

コインロッカーに貴重品を預けると、必要なものを出すたびにお金がかかってしまいますが、貴重品を盗まれるよりは良いと思うしかありません。

また、プールによってはプールサイドの貴重品用ロッカーは追加料金なしで開け閉め自由なロッカーもあるようですので、上手に利用しましょう。

プールで貴重品を持ち歩く便利グッズは?

「盗難は心配だけど、毎回コインロッカーに貴重品を預けるのは面倒…。」という方には、肌身離さず貴重品を持ち歩くためのグッズを利用するといいでしょう。

スポーツ用品店やネット通販では、プールの中に貴重品を持って行く用の「防水ポーチ」や「防水バッグ」というものが売っています。

ポケットに現金やスマホを入れておくのが心配な方は、こういった防水ポーチ・防水バッグに貴重品を入れて持ち歩くといいでしょう。

防水ポーチは、スマホと現金・コインロッカーのカギなど最小限のものが入るサイズで、防水バッグになるともう少し大きめのものが多いです。

市販されている防水ポーチや防水バッグも、完全防水ではないものもあります!

プールで使用する前に一度、本当に水が中に入ってこないか確認してから使用するようにしてください!

防水ポーチ・防水バッグは、災害時に貴重品を持ち歩く際にも重宝します。

まとめ

プールに遊びに行っても、貴重品を盗まれたりしたら楽しい思い出が台無しになってしまいます。

また、遊ぶ際に貴重品を気にしながら遊んでいたら、せっかくの楽しさも半減してしまいますよね。

・大人数で遊びに行く場合は、休憩がてら順番に留守番をする。

・バッグの中やタオルの中など、目立たない場所に隠しておく。

・貴重品ロッカーを利用する。

・最悪、盗られてしまっても仕方ないと思える金額の現金だけを持って行く。

・防水ポーチや防水バッグに入れて肌身離さず持ち歩く。

これらを上手に取り入れてプールを楽しんで来てください!

コメント

error:
タイトルとURLをコピーしました