※本サイトのコンテンツには、商品プロモーション(Amazonアフィリエイトを含む)が含まれています。

小学校登下校にレインコートと長靴は必要? レインコート以外の対応策も

子育て

保育園・幼稚園時代は通園時にレインコートや長靴を着ていたお子さんも多いと思いますが、

「小学校に入学しても登下校時にレインコートと長靴は必要なのか?」

「大きなランドセルを背負っていたら、傘だけだと荷物が濡れてしまうのではないか?」

「もし、レインコートを着て行っても、学校に濡れたレインコートを置いておく場所はあるの?」

などといった疑問が思い浮かぶ方もいらっしゃるでしょう。

今回はそう言った疑問に対して、レインコートや長靴の必要性と対応策についてご紹介していきます。

小学校登下校時にレインコートは必要?

結論から言うと、1年生は登下校時のレインコートはやめておいた方がいいと思います。

その理由は以下の通りです。

・ランドセルを背負ったままだとレインコートの脱着が大変

・校内に濡れたレインコートを置いておく場所がない

学校によっては「傘を差すと両手がふさがる」、「傘が風にあおられると危険」という理由で低学年のうちはレインコート必須のところもあるかもしれません。

レインコートの要・不要は上級生の登下校の様子を見るか、学校に確認してみてください。

レインコートはやめておいた方がいい理由3つ

小学校の登下校時にレインコートはやめておいた方がいい理由をご紹介します。

①ランドセルを背負ったままだとレインコートの脱着が大変

➁校内に濡れたレインコートを置いておく場所がない

子どもがレインコートを着るのを嫌がる

それぞれの理由を詳しくみていきましょう。

ランドセルを背負ったままだとレインコートの脱着が大変

登校時は家から着て行けるので問題ないかもしれませんが、学校では1人で脱着をして自分で保管をしておかなければなりません。

ランドセルを背負ったままのレインコートの脱ぎ着は、1年生のうちは慣れるまでは大変だと思います。

もし、通学時にレインコートを着る場合は、自宅で何度か練習をしておいた方がいいでしょう。

校内に濡れたレインコートを置いておく場所がない

校内にレインコートを掛ける場所があればいいかもしれませんが、掛ける場所がないのが大半だと思います。

レインコートを掛ける場所がない場合は、濡れたままビニールに入れてしまうことになります。

そして帰りにまだ雨が降っていたら、それを濡れたまま着ることになりかねません。

帰りに雨がやんでいた場合は学校に置き忘れてきてしまうかもしれません。

子どもがレインコートを着るのを嫌がる

保育園・幼稚園の頃は喜んでレインコートを着ていたのに、小学校に上がると「みんなが着ていないから」との理由で嫌がる場合もあります。

その場合は、無理して着させる必要はありません。

レインコートが必要なケース

登下校時にレインコートが不要な場合でも、他の場面で必要なケースがあります。

①学校行事(遠足や校外学習)のとき

➁台風のとき

それぞれの理由について詳しくみていきましょう。

学校行事(遠足や校外学習)のとき

遠足等の学校行事の際は、雨天時に備えて持ち物にレインコートが必要な場合があります。

台風のとき

傘をさしても全身濡れてしまうほどの雨風の場合は、着替え一式を持って行くのも大変ですから、登校時にレインコートがあった方がいいでしょう。

小学校登下校時に長靴は必要?

では、雨の日の長靴は必要でしょうか?

結論から言うと、長靴は持っていた方がいいです。

ただ、

・登校時は雨が降っていない。

・外での体育の授業があり、その時には雨が止むかもしれない。

こんな日は、子どもが長靴を履いて行くのを嫌がる場合があります。

長靴は、頻繁に履くものではないので必要になった際に購入するスタイルでいいと思います。

長靴が必要なケース

小雨程度なら問題ないでしょうが、大雨・雪の日は長靴が必須です。

特に雪の日は「どこを歩いて帰ってきたの??」というくらい靴がびしょ濡れで帰って来ます。

雪ですから、楽しいですもんね。

気持ちは分かりますが、靴下もズボンも濡れるし風邪を引いてしまう心配もあるのでこういう日は長靴を履いて行ってもらった方が安心です。

小学校登下校時のレインコート・長靴以外の雨対策は?

子どもがレインコートを着たがらない場合は、それ以外の対応策を見ていきましょう。

ウインドブレーカー

防水・撥水加工のされたウインドブレーカーなら、防寒対策以外にもレインコートの代わりとして用いれるでしょう。

また、ウインドブレーカーでしたら、自分の椅子の背もたれに掛けられると思いますので、レインコートより使い勝手がいいかもしれません。

防水シューズ

子どもが長靴を履きたがらない場合は、防水シューズがおすすめです。

防水シューズは普段履いているスニーカーと見た目が変わらないので、体育のある日や、午後から雨が降りそうなときに最適です。

防水シューズに防水・撥水スプレーをかけておけば、多少の雨なら足が濡れる心配もなくなるでしょう。

ランドセルカバーを付ける

脱着の手間は多少ありますが、雨の日はランドセルがすっぽり隠れる雨の日用のランドセルカバーをかけるといいでしょう。

ランドセルカバーをかけておけば、多少傘がちゃんとさせなくても教科書が雨に濡れる心配はなくなります。

その他

タオル・靴下の替えを持って行く

・服に防水スプレーをかけておく

というのも有効ですので、レインコートを着る・着ないに関係なく雨の日の対応策として覚えておくといいでしょう。

ランドセル対応のレインコートを選ぶポイントは?

最後に、「でもやっぱりレインコートはあった方がいい。」という場合は、選び方のポイントを参考にしてください。

レインコートとポンチョどっちがいい?

そもそもレインコートとポンチョの違いは何でしょう?

レインコート

前をボタンで留めるタイプのもので、袖があるので動いても濡れない。

傘をさすなら、レインコートの方が腕がめくれない。

ポンチョ

前にボタンがなく、頭からかぶるタイプ。

脱着がしやすい。

袖がないので通気性がよく、暑い季節にも蒸れにくい。

レインコートを選ぶポイント

子ども用レインコートを選ぶ際のポイントをご紹介します。

レインコートを買う際の参考にしてください。

①通学用なら、背中にマチが付いたものを選ぶ

➁1サイズ大きめを選ぶ

③フードの視界が広いものを選ぶ

④反射材が付いているものを選ぶ

それぞれの理由について詳しくみていきましょう。

通学用なら、背中にマチが付いたものを選ぶ

背中にマチのついたレインコートなら、ランドセルをもすっぽり隠れます。

1サイズ大きめを選ぶ

ランドセルを背負った上から着るのと、冬はコートやジャンパーで着ぶくれするのでそれらも配慮して、1サイズほど大きなものを選びましょう。

ただし、大きすぎるレインコートは袖が長すぎたりして動きにくくなるので気を付けたほうがいいです。

フードの視界が広いものを選ぶ

フードのふちが透明になっているものだと視界が広くなり、フードをかぶっていても周囲が見やすくなります。

また、フードにゴムや紐が入っていると固定できます。

ただ「フードをかぶると周囲の音が聞こえなくなるから」という理由で、フード禁止の学校もあるので、事前に確認をしましょう。

反射材が付いているものを選ぶ

反射材が付いていると、夜道や天気が悪く薄暗い日でも目立ちます。

もし反射材のついてないレインコートでも、100均などで簡単に付けられる反射材も売っているのでそれを付けてもいいでしょう。


まとめ:レインコートは無くても大丈夫!

結論から言うと、レインコートがなくても雨対策は十分できます。

ランドセルを背負ったままでレインコートの脱着は、低学年のうちは難しいかもしれませんので、雨の日に着るならウインドブレーカーがいいでしょう。

もし、レインコートの有無で悩んでいるようでしたら、実際に雨の日を経験してからお子さんと相談して買うのもありだと思います。

一方で、長靴に関しては大雨・台風に備えて持っていた方がいいです。

今の雨はしとしと降るような雨はなく、ゲリラ豪雨のように大雨が短時間で降るパターンが増えてきていますので、小学校の登下校時に備えて準備しておきましょう。

コメント

error:
タイトルとURLをコピーしました