※本サイトのコンテンツには、商品プロモーション(Amazonアフィリエイトを含む)が含まれています。

雨の日ディズニーの持ち物は?雨の日はいつもと違う楽しみ方ができる!

ライフ

これから梅雨が近づいてくると、ディズニーに行く予定の日が雨予報!なんて日もあるかもしれません。かといって、急な予定変更はなかなか難しいものです。

でも、安心してください!実は雨の日ディズニーでも事前に持ち物等の準備をしっかりして行けば、晴れの日とはまた違った楽しみ方ができるんです!

ここでは、雨の日ディズニーに持っていきたい持ち物と雨の日ディズニーの楽しみ方を紹介します。

雨の日ディズニーの持ち物は?

雨の日は通常の持ち物にプラスして雨用の持ち物が必要です。

パーク内で購入することもできますが、毎回・家族分購入すると結構な金額がかかってしまいますので、パーク入園予定日が雨予報の場合は持って行った方がいいでしょう。

・傘

・レインコートやレインポンチョ

・フェイスタオル

・ビニール袋

・着替え

それぞれの持ち物をについて詳しく見ていきます。

傘またはレインコートやレインポンチョ

雨の場合、傘を差すかレインコートかレインポンチョを着るか悩むところですが、結論から言うとこちらがおすすめです。

・乗り物に乗るなら「傘」

・パレードやショーを待つなら「傘+レインコートかレインポンチョ」

レストランや屋内アトラクションでは、レインコートかレインポンチョを着たままでは入れないものがあります。

そひのため、室内に入るたびにレインコートかレインポンチョを脱ぎ着する手間が増えてしまうので、アトラクションに乗りたい場合は傘がいいでしょう。

雨の強さにもよりますが、小雨程度でしたら折りたたみ傘の方がカバンにしまえるのでおすすめです。

逆に、ほとんどアトラクションには乗らず、パーク内を移動したりパレードやショーを待つなど長時間外にいる場合は、傘+レインコートかレインポンチョを着るといいでしょう。

フェイスタオル

雨に濡れた体や髪・カバンなどの持ち物を拭くためにタオルは必須です。

手を拭くタオルとは別で、フェイスタオルサイズのものがおすすめです。

フェイスタオルを持っていれば、雨が降って気温が下がってきた際に首に巻くと防寒対策にもなります。

ビニール袋

室内に入る際、着ていたレインコートやレインポンチョを入れるため、または、濡れた服やタオルを入れるためにビニール袋は必須です。

雨に濡れたレインコートやレインポンチョをカバンに入れる際に、カバンの中が濡れてしまわないよう、ジップロックなどのチャック付きのビニール袋もあると便利です。

チャック付きのビニール袋なら、スマホを中に入れておけば雨の日でも安心です。

また、雨の中パレードやショーを見る際に荷物を入れておく大きめのビニール袋もあると便利です。

荷物をビニール袋に入れておけば、足元に置いたカバンも濡れずに済みます。

荷物がすべて入る、45Lほどの大きなごみ袋がおすすめです。

着替え

冬場はもちろん、夏場でも雨で濡れたままの服でレストランや室内アトラクションなどの涼しい場所に行くと風邪を引いてしまうかもしれません。

雨の程度にもよりますが、念のため、着替え一式を持って行きましょう。

また、子どもはテンションが上がると傘を差すことを忘れてしまったり、テンションが上がって水たまりに入ってしまうことがあるので、特に子ども連れの方は子ども用の着替えを持って行くといいでしょう。

もし、着替えを持って行く余裕のない場合は、パーク内で購入するのも一つの手段です。

ディズニーいつもの持ち物

ディズニーに行く際、晴れの日・雨の日関係なく必要なものがあります。

・財布

・スマホ

・充電器

・ハンカチ、ティッシュ

・ウエットティッシュ

・パーク内で身に着けたいもの

・レジャーシート、クッション

これらのものは、雨の日・晴れの日関係なくディズニーに行く際に必要な持ち物です。

レジャーシートやクッションは、晴れの日にパレードやショーをしっかり見たい人は必須のものですが、雨の日は座ってパレードやショーを見ないという方は必要ないかもしれません。

雨の日のディズニーの楽しみ方

雨の日のディズニーは「雨の日にだけ行われるパレード」や「雨の日限定グッズ」など、いつもと違った体験ができることがあります。

雨の日ディズニーに行くと体験できるかもしれないスペシャルな体験はこちら。

・雨の日にだけ見れる限定ファッションのミッキーたちに会える

・雨の日限定のグッズがある

・雨の日にだけ行われるパレード「ナイトフォール・グロウ」が観れる

・フォトスポットが空いている

・アトラクションの待ち時間が短い…かも

雨の日にだけ見れる限定ファッションのミッキーたちに会える

ディズニーランドのエントランスグリーティングでは、雨の日限定で「レインコート姿のミッキーとミニー」に会うことができます。

雨の日にしか見れないミッキー・ミニーのレインコート姿は必見ですよ。

雨の日限定のグッズがある

ディズニーランドとディズニーシーパーク内にあるゲームコーナーでは、ここでしかゲットできないぬいぐるみや、フィギュアなどの景品があります。

景品は季節によって変わり、ゲームに成功するともらえます。

ゲームに失敗したときにもらえる参加賞がピンバッジ(またはチャーム)なのですが、このピンバッジ(またはチャーム)に雨の日限定デザインが追加されます。

雨の日限定ピンバッジ(またはチャーム)は、その日1度でも雨が降ると景品に追加されます。

晴れの日にはお目にかかれないレアなグッズです。

雨の日にだけ行われるパレード「ナイトフォール・グロウ」が観れる

雨の日のディズニーランドでは、ナイトパレードに「ナイトフォール・グロウ」を開演します。

通常、夜のパレードはエレクトリカルパレードですが、「ナイトフォール・グロウ」は雨の日にだけ行われます。

「ナイトフォール・グロウ」は、風が強いと中止になるため、雨の日なら必ず観れる訳ではありません。

※「ナイトフォール・グロウ」は、エレクトリカルパレードとはパレードの進行方向が真逆になるため注意してください。

フォトスポットが空いている

雨の日のディズニーは晴れの日に比べればパーク内が空いているので、晴れの日には行列ができているようなフォトスポットでも写真が撮りやすくなります。

また、水たまりに反射したシンデレラ城など雨の日にしか撮れない写真が撮れるのも雨の日ディズニーの魅力です。

アトラクションの待ち時間が短い…かも?

先ほども書きましたが、雨の日のディズニーは、やはり晴れた日に比べれば空いている日が多いです。

そのため、屋外にあるアトラクションの待ち時間も短い場合もあります。

※屋外アトラクションの中でも、雨の影響を受けやすいものは休止になるので注意が必要です。

雨の日ディズニーで混雑する場所は?

雨の日ディズニーは、雨を凌ぐために時間休憩を長く取ったり、お土産を見る時間も長くなり、晴れの日より全体的にレストランやカフェ・お土産屋さんが混雑します。

雨の日に混雑しやすい場所は以下の通りです。

【ディズニーランド】
ワールドバザール

【ディズニーシー】
マーメイドラグーン

【両パーク共通】
レストランやカフェ

ディズニーランドでは、ワールドバザールが唯一傘を差さずに移動ができるエリアです。

すぐに雨が止みそうだったらワールドバザールでお土産タイムにしてもいいかもしれませんが、みんな同じことを考えるため混雑は覚悟しておいた方がいいです。

ディズニーシーに行く場合は、雨が降ったらマーメイドラグーンがおすすめです。

小さな子ども向けのアトラクションやレストラン、お土産屋さんもあるので子どもも退屈せずに雨宿りできると思いますよ。

雨の影響を受けやすいアトラクションは?

屋外アトラクションの中でも、雨の影響を受けやすいものは休止になるので注意が必要です。

雨の影響を受けて休止になりやすいアトラクションは以下の通りです。

【ディズニーランド】
ビッグサンダー・マウンテン

ガジェットのゴーコースター

空飛ぶダンボ

【ディズニーシー】
センター・オブ・ジ・アース

※いかだやカヌー系は特に休止になりやすいです。

雨の日に休止になっているアトラクションは東京ディズニーリゾート公式サイトで確認できますので、そちらをチェックしてみてください。

まとめ

楽しみにしていたディズニーに行く予定の日が雨予報だとテンションが下がってしまいますよね。

でも、雨の日ディズニーは、予備の着替えとフェイスタオル・ビニール袋などの持ち物の準備をしっかりしておけばいつもと違ったディズニーを楽しむことができます。

レインコート姿のミッキー・ミニーに会いに行ったり、雨の日限定グッズをゲットするなど雨の日にしか経験できないディズニーを楽しんで来てください。

コメント

error:
タイトルとURLをコピーしました