※本サイトのコンテンツには、商品プロモーション(Amazonアフィリエイトを含む)が含まれています。

サイズアウトした子供服はくるみボタンにリメイク!100均(ダイソー)で簡単に作って残せる

子育て

子どもの成長は早く、着れなくなった服で我が家のクローゼットがいっぱいになっていました。

処分しようと思っているけど、思い出が詰まっていて結局捨てられず…なんて方も多いのではないでしょうか?

思い出の詰まった子供服、ただ捨てるのは気が引ける。

かといって、フリマアプリやリサイクルショップで売るのは手間がかかってめんどくさい。

そんな時に見つけたのが、「サイズアウトした子供服をくるみボタンにリメイクする」という方法でした。

くるみボタン製作キットを使えば簡単にくるみボタンを作ることができ、キットは100均(ダイソー)でも購入できます。

くるみボタン製作キットを使って、サイズアウトした子供服をくるみボタンにリメイクした他にも、缶バッチやキーホルダーへのリメイクをしたおかげで、思い出を残しつつ収納場所もすっきりできました。

子供服を処分したくてもできないというママさんは、ぜひ参考にしてください。

サイズアウトした子供服はくるみボタンにリメイク!

サイズアウトした子供服はくるみボタンにリメイクでき、くるみボタン製作キットはダイソーで購入することができます。

ダイソーで販売しているくるみボタンのサイズは22mm・27mm・38mmの3種類です。

※店舗によっては取り扱いのないサイズがあります。

ダイソー【くるみボタン製作キット】セット内容は、以下の通りです。

・パーツ(表側・裏側)

・打ち具台

・打ち具

・型紙

このセット1つで、針も糸も使わずにくるみボタンが簡単に作れます。

※説明を分かりやすくするため、ここではパーツの布をあてる丸い方を「表側」、足つきの平らな方を「裏側」と呼びます。

ダイソー以外で買えるくるみボタン製作キット

家の近所にダイソーがない場合や近所のダイソーにくるみボタン製作キットが売っていなかった場合、楽天やAmazonなどでも購入できます。

楽天で購入できるくるみボタン製作キットは、12mm~50mmまで幅広いサイズ展開があります。

またネット通販では、くるみボタンをキーホルダーにできるキットなど、くるみボタンをさらにアレンジできる商品もあります。

こちらも簡単にアレンジできるキットなので、くるみボタンをさらにアレンジしたい方はチェックしてみてください。

くるみボタンをキーホルダーにアレンジするセットは、「キーホルダー型くるみボタンパーツセット」で検索すると出てきます。

サイズアウトした子供服でくるみボタン作り方

くるみボタンを作る手順はたったの5つ。

①くるみボタンにしたい子供服に型紙を当ててペンでしるしをつける。


➁線に沿って切り抜く。

③打ち具の台座に布とくるみボタン(表面)をセットして、布の端をすべて内側に入れる。

④くるみボタン(裏側)を重ねる。

⑤打ち具を当てて、上からしっかり押す。

完成!

今回、私も初めて作りましたが、くるみボタン製作キットの裏側にも手順が書いてありますので、簡単に作ることができました。

コツは、打ち具を押し込むときに、しっかりと押し込むことです。

押し込み方が甘いとくるみボタンの裏側が外れてしまうので、しっかりと押し込みましょう。

洋服の折り返し部分などの生地が二重になっているところや、トレーナーなどの生地が厚いものはパーツがしっかりハマらず、くるみボタンは作れないので注意してください。

※あえて食べこぼしなどのシミがついた部分や、洗濯をして毛玉ができた部分をくるみボタンにするとより思い出が残りますよ。

サイズアウトした子供服で缶バッチも作れる

くるみボタン製作キットで欲しいサイズのものが近所のダイソーに売ってなかったので、試しにキャンドゥで売っていた「缶バッチ作成キット」でくるみボタン(缶バッチ)を作ってみたら、こちらでも作成することができました。

【セット内容】
・パーツ(表側・裏側)

・打ち具台

・打ち具

・型紙

「缶バッチ作成キット」にはパーツは1個しか入っていませんが、別売りの「缶バッチ作成キット57mm用パーツ」(3個入り)もあります。

【サイズ】
缶バッチのサイズは57mmと大きめなので、くるみボタンと使い分けてもいいかもしれません。


作成手順はくるみボタンのときと全く同じで、こちらも簡単に作ることができます。

この缶バッチ作成キットも、生地が二重になっているところや、トレーナーなどの生地が厚いものはパーツがしっかりハマらないので注意してください。


まとめ

捨てたくても捨てられなかったサイズアウトした子供服は、100均で売っているくるみボタン製作キットや缶バッチ作成キットで簡単に作って残しておくことができます。

我が家では他にも、キャンドゥやセリアで売っていたキーホルダー作成キットにもサイズアウトしてしまった子供服を入れたりしてみました。

くるみボタン製作キットを使えば、簡単に思い出を残しておけて、部屋も片付くと一石二鳥です。

サイズアウトしてしまった子供服を捨てるに捨てられないでお困りの方はぜひ試してみてください。

コメント

error:
タイトルとURLをコピーしました