※本サイトのコンテンツには、商品プロモーション(Amazonアフィリエイトを含む)が含まれています。

子連れディズニーは前泊と後泊どっちがおすすめ?日帰りとの比較も解説

ライフ

年に3回はディズニーにインパ(インパーク=入園)するほどディズニーが好きな我が家は、東京都近郊に住んでいながらも毎回1泊2日でディズニーに行き、必ず後泊をします。

子連れでディズニーに行くようになってから、日帰り・前泊・後泊いろいろと試した結果、「我が家はなぜ後泊に落ち着いたのか」を経験談を交えてご紹介します。

関東にお住まいの方で子連れでディズニーに行こうと思っている方、日帰りか前泊か後泊かどれが一番楽なのか悩んでいる方の参考になれば幸いです。

※我が家は車を所有していないので、ディズニーへの往復は毎回電車やバスの公共交通機関を利用しています。

なので、この記事は車の利用なしでディズニーに行くことを前提に書いています。

※前泊・後泊するホテルは、ディズニー近くのホテル(東京ディズニーリゾートオフィシャルホテル・パートナーホテル・グッドネイバーホテル)へ宿泊しています。

子連れディズニーは前泊と後泊どっちがおすすめ?

「そもそも、前泊(まえはく)・後泊(あとはく)ってなに?」と疑問に思ってる方もいますよね?

前泊とは、パーク入園日の前日にディズニー近くのホテルに宿泊することで、

後泊とは、パークに入園した日にディズニー近くのホテルに宿泊することです。

結論から言うと、我が家は断然「後泊」をおすすめします!

その理由と、それぞれのメリット・デメリットはのちほど詳しく説明していきます。

まずは、前泊をするときと、後泊をするときのスケジュール例をあげていきます。

前泊・後泊のイメージをざっくりと掴んでみてください。

前泊のスケジュール例

【1日目】
パーク入園日の前日にディズニー近くに移動。

この日はパーク内に入ることなく、ディズニーまでの移動やディズニー近くのヴォンボヤージュやイクスピアリなどで買い物をして1日を過ごす。

この日はホテルに宿泊。

【2日目】
朝からディズニーにインパし、その日の夜自宅に帰る。

後泊のスケジュール例

【1日目】
朝、自宅を出発してパークに入園。

夜はディズニー近くのホテルに宿泊。

【2日目】
この日はパーク内に入ることなく、ヴォンボヤージュやイクスピアリで買い物をしたりして自宅に帰る。

子連れ前泊ディズニーのメリットとデメリットは?

まずは、ディズニーに入園する前日にホテルに宿泊する(前泊)場合のメリットとデメリットを紹介します。

前泊ディズニーのメリット

ディズニーに入園する前日にホテルに宿泊するメリットはこちらです。

・入園前日は、ホテルに行くだけなので朝ゆっくり出発できる。

・宿泊当日はパークに入園しないので、ヴォンボヤージュやイクスピアリなどで買い物をしたり映画を観たりできる。

・ディズニーオフィシャルホテルに宿泊すれば、宿泊者特典で「ハッピーエントリー」を利用して一般入園者より15分前に入園できる。

前泊ディズニーの最大のメリットは、パーク入園日に朝からインパできることです。

また、宿泊するホテルによっては一般入園者より15分早く入園できる「ハッピーエントリー」が使えることです。

人気のアトラクションなんかは、これを使えば確実に乗ることができます。

「ハッピーエントリー」は対象除外日があります。

入園日が対象か、事前に確認しておきましょう。

前泊ディズニーのデメリット

ディズニーに入園する前日にホテルに宿泊するデメリットはこちらです。

・宿泊費がかかる。

・宿泊する分の荷物が増える。

・パークに入園した当日は宿泊しないので、どんなに疲れていても電車で帰らなければならない。

最大のデメリットは、日帰りディズニーと同様、どんなに疲れていても遊んだその日に自宅まで帰らなければならないことです。

子連れ後泊ディズニーのメリットとデメリットは?

次に我が家がいつも採用している、ディズニーに入園した日にホテルに宿泊する(後泊)場合のメリットとデメリットを紹介します。

後泊ディズニーのメリット

パークに入園した日にホテルに宿泊するメリットはこちらです。

・入園した当日にホテルに宿泊するので、夜遅くまで遊べる。

・夜遅くまで遊んで疲れても、ホテルが近い。

・翌日は帰るだけなので、ホテルのチェックアウト時間までのんびりできる。

・帰る日、ヴォンボヤージュやイクスピアリのディズニーストアにも寄って帰れる。

後泊ディズニー最大のメリットは、パークに入園した日夜遅くまで遊んでいてもホテルが近いということです。

遊び疲れた子どもを連れてすぐ近くのホテルに帰るだけ。というのは大きいです。

後泊ディズニーのデメリット

パークに入園した日にホテルに宿泊するデメリットはこちらです。

・宿泊費がかかる。

・宿泊する分、荷物が増える。

・初日の朝早い時間から遊ぶなら朝早く家を出る必要がある。

最大のデメリットは、パークに入園する当日に自宅を出発するので、朝早く家を出ないといけないことです。


子連れ日帰りディズニーのメリットとデメリットは?

関東近郊に住んでいる方がディズニーに行く場合は、大抵の方が日帰りだと思いますが、最後に日帰りでディズニーに行った場合のメリットとデメリットを改めてご紹介します。

日帰りディズニーのメリット

日帰りディズニーのメリットはこちらです。

・宿泊費用がかからない。

・宿泊分の荷物がいらない。

日帰りディズニーの最大のメリットは、宿泊費がかからないことでしょう。

家族3~4人でディズニー近くのホテルに宿泊するとなると、結構な費用がかかります。

日帰りディズニーのデメリット

日帰りディズニーのデメリットはこちらです。

・パークまでの往復時間がかかるため、ディズニーでの滞在時間が短くなる。

・滞在時間を長くするためには、朝早く家を出て、夜遅くに帰ることになる。

・平日にディズニーに行く場合、往復の電車が通勤時間帯と被るので、行きも帰りも満員電車に乗る可能性がある。

・帰り、どんなに疲れていても電車で帰らなければならない。

逆に最大のデメリットは、どんなに疲れていてもその日のうちに帰宅しなければならないこと。

そして、疲れて帰った後にお風呂に入ったり寝る準備をしなければならないことだと思います。


我が家が後泊ディズニーを選んだ理由

我が家がディズニーに行く際は、毎回後泊をします。

子どもを連れてディズニーに行ける年齢(1歳すぎ)になってから、日帰り・前泊・後泊すべてを試しましたが、我が家にとっては後泊が一番楽でした。

その最大の理由は、「パークで遊んだ日に自宅まで電車で帰るのがつらすぎる」からです。

我が家からディズニーまでは乗り継ぎ3回、片道約1時間20分ほど。行きは良くても、帰りに疲れた体でこの距離を帰るのはつらすぎました。

(特に子どもが小さかったときはベビーカーで荷物もたくさんあったので、疲れた体で乗り継ぎ3回、片道約1時間20分は楽しかった思い出も吹き飛ぶほど大変でした…。)

毎回、帰る日はチェックアウトの時間ギリギリまでホテルでのんびりして、余裕があればヴォンボヤージュやイクスピアリで買い物をし、昼間の空いている時間に電車に乗って帰って来ます。

夕方前には自宅に到着するので、その日の夜もお土産を開けたり、荷物の片づけをしたりとゆったりとした時間を過ごすことができています。

※子連れでお泊りディズニーに行く際の持ち物リストについては
お泊まりディズニーの持ち物はどうする?子連れで行くなら荷物を分けよう
を参照してください。


まとめ

子連れディズニーは荷物も多く、時間やアトラクションにも制限があり大変なことが多いです。

それでも子どもが喜んでくれると思うと、親としては頑張ってしまいますよね。

そんな時は無理して日帰りにせず、前泊や後泊をすることをオススメします。

ディズニー近くのホテルに前泊・後泊することで、金銭的負担は増えてしまいますがそれを上回るメリットがあると思います。

前泊・後泊を上手く有効活用して、ディズニーを楽しんで来てくださいね。

コメント

error:
タイトルとURLをコピーしました